MENU

脱毛ケアで失敗した時に覚えておきたい対処法

光脱毛は、痛みがほとんどないムダ毛処理の施術方法で、多くのサロンや家庭用脱毛器で採用されていますが、リスクがないわけではありません。
光を照射したときに、肌が炎症を起こすことがあります。
光は、黒い色に反応する性質を持っているので、日に焼けた肌に照射をするのは危険です。
また光の出力が高いほど、肌への負担が大きくなるので、敏感肌の人は注意が必要です。
やけどを起こしたような症状を起こすことがあります。

症状が軽い場合は冷却をして、肌の熱を取り除いて鎮静化させます。
重症の場合は、自己判断で処理せず、脱毛サロン専属のドクターに診てもらうか、皮膚科に行くと良いでしょう。

 

肌の炎症を起こさないために


脱毛後のケアは、炎症などのトラブルを防ぐため非常に重要です。
脱毛により毛穴にばい菌が入り毛包炎を起こさないためにも、処理後は必ずオキシドールなどで消毒をすることが大切です。
特にわきの下の脱毛は注意が必要です。
手足に比べ皮膚がデリケートな上に毛穴が大きいので、ばい菌が入りやすく炎症を起こしやすい部位です。
毛包炎の症状は、膿や熱をもった腫れを起こし痛みもあります。
自己流の治療や放置しておくことで、傷跡を残すだけでなく、何度も繰り返し炎症が起こり治癒が困難になります。
即座に医療機関を受診することが必要です。

 

予防するためには念入りなケアが大事


自己処理でムダ毛を処理した後に炎症などの肌トラブルが起きることがあります。
これは脱毛後のケアが不十分であったために起きたといえます。

どんな方法でムダ毛の手入れをしたとしても毛穴と肌へのダメージは避けられません。
そのため、それをケアせずに放置してしまうと、熱を持った肌が炎症などの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

そこで脱毛後にはまず肌の熱を冷ましてあげることが大切です。
アイシングなどをして肌を覚ました後は、乾燥を防ぐために必ず保湿クリームなどを用いて肌に潤いを与えていきましょう。

それを心掛けるだけでトラブル知らずの脱毛が自分でも出来るはずです。

 

ムダ毛処理をした後に肌炎症をした際のケア方法


脱毛などのムダ毛処理は、肌にとても負担がかかります。
そのため、ムダ毛の処理後に、肌荒れや炎症を起こしてしまった時には、そのままにせずきちんとケアをしましょう。
そのままにしておくと、肌が黒ずんだり、炎症がなかなか治らず、通院をしなくてはならなくなることもありえます。


ケアの方法は、ムダ毛処理をしたことで、敏感になっている肌表面を保湿することです。
保湿に使用するローションは、自分の肌に合ったものを使用するようにし、且つ、肌に刺激を与えない低刺激のものを使用するようにします。
その後、同様に刺激の少ないクリームやオイルなどを使用し、乾燥を防ぐようにします。